相模原市橋本 お顔剃りエステ専門店 シェービングサロン — Yesim — イエシム

イエシム日和

酔っ払ってベンチで朝を迎えた話

 
この記事を書いている人 - WRITER -

間違い電話をかけてよこしたババァの態度が気に入らなくて、ちょっとキレました。

こんにちは。
シェービングサロン -Yesim- イエシム 事業主です。

 

みなさ〜ん、酔っ払ってますか〜〜?

最近は外で飲む機会がすっかり減り、お酒を嗜む皆さんも家飲みが多いのではないかと思います。

 

ワタクシもお酒は多少嗜みますが、最近は動けなくなるほど酔っ払うことはなくなり、自分が制御できる範囲で楽しんでおります。

 

しかし…
若い頃はお酒にまつわる失敗も一つや二つはありまして。

今回はそんなお話です。

 

酔っ払いといえば…ベンチ。
これ、定番。

 

でも、実際に酔っ払ってベンチで寝て、そのまま朝を迎えたことがある人ってなかなかいないのでは?
実はワタクシ、あるのです。
それも一度や二度ではなく…。

 

公園のベンチ、駅前のベンチ、街中のベンチ…
どんだけベンチが好きなんだよ!

 

でね、これ、経験してみるとわかるんだけど…
朝になって目が覚めた時、一瞬自分がどこにいるのかがわからないんですよね。

で、硬いベンチで何時間も寝てたわけだから、背中がバキバキに痛い。

 

「えっ、どこだ、ここ?」
となって、事態が把握できるまでに少々時間がかかります。

 

問題はその後。

自分が寝ているベンチの横を、通勤途中の人々が歩いているんですよ。
でね、そんな中で寝ている自分。
明らかに酔っ払って寝ちゃって、そのまま朝を迎えたというのは一目瞭然。

 

別にそんな事、誰も気にしちゃいないんだけど…

 

起き上がるのがものすごく恥ずかしいんだよね。

 

バツが悪いというか、きまりが悪いというか…。

いや、起き上がってしまえば、そのまま帰るだけなんだけど。

まぁこの時の心境は、実際にやっちまった人でないとわからんだろうなぁ。

 

で、一度本厚木のSATY(現イオン)前のベンチで寝たときなんか、自分の周りにカバンの中身が散乱してて。
財布とか免許証とか手帳とか…。
それでも、何一つ無くならずにそのまま散らばってたもんな。
いや〜、日本ってスゲェなと思ったもんね。

 

またこうして、たまにはベロベロに酔っ払うほど酒を飲んでみたいものですな。
一日も早くコロナ騒動が収束することを心から願います。

そしたらまたみんなで飲もうぜ!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イエシム日和 , 2021 All Rights Reserved.